無対の動脈・静脈とは 腕頭動脈と門脈はなぜ無対なのか【107回午後71問】無対の静脈はどれか

国試一般知識

107回午後71問

無対の静脈はどれか

1.鎖骨下静脈

2.総腸骨静脈

3.内頸静脈

4.腕頭静脈

5.門脈

正解は5の門脈です。

今回は国試で頻出である血管の対について勉強していきましょう。

対・無対とは

国試で聞かれる対とは、体を正中線(縦に半分に切る線)で左右に分けた際に、左右どちらにもあることを指します。

逆に無対とは、正中線で分けたら、左右どちらかにしかないという場合を指します。

例えば…肺は腎臓は左右どちらにもあるので対ですよね。ほかにも、血管は大体左右に同じ名前、もしくは左右〇脈といった名前で対になっています。

成人、新生児の循環について勉強したい方はこちら⇩

胎児循環とは?成人との違いは3つのみ!

結論のみ!

左にしかない静脈➡門脈

右にしかない動脈➡腕頭動脈

この二つが全てです。

他の国試過去問では、対になっていない動脈はどれか選べ。といったような問題の傾向があります。

門脈といえば肝臓付近にある肝門脈が有名ですね。そもそも門脈とは二つの毛細血管網に挟まれた血管のことを指しますが、国試では門脈=肝門脈と思っていいでしょう。もちろん、肝臓は一つしかないので、門脈もおのずと一つしかありませんよね。

次に腕頭動脈ですが、これは心臓から出た血液が脳に行くまでの道のりにあります。

心臓から出た血管は脳に入るまでに3本に分かれます。

1つは腕頭動脈、もう二つは左鎖骨下動脈、左総頸動脈です。勘のいい方はお気づきかもしれませんね。

Ryo
Ryo

左と名前につくのなら、どこかに右があるはず…

その考え方、正解です!

実は、腕頭動脈が分岐することで右鎖骨下動脈と右総頸動脈になります。

つまり…

大動脈弓➡腕頭動脈+左総頸動脈+左鎖骨下動脈

腕頭動脈=➡総頸動脈+➡鎖骨下動脈

よって右にのみ腕頭動脈が存在します!もしもっと深く知りたい方は脳につながる血管を勉強すると画像が出てきますよ!(著作権の都合上貼ることができませんでした)

まとめ

今回の問題はとにかく解説することが少なく、一番短くなりました。ただし、「サービス問題」になったこと間違いなしでしょう。

なぜなら2つしか暗記しなくていいから!こんなに簡単なサービス問題あっていいんでしょうか!?

ですがこれも勉強です。当然、腕頭動脈から脳の血管の勉強や門脈から肝臓付近の血管走行についての学習など広げられます。

サービス問題だけでは国試は乗り切れませんし、就職後に痛い目を見ます。

国試は通過点であり、本質は看護師で働ける知識を身に着けることにあるので、国試をゴールと認識しないようにしましょう。

皆さんが合格するための手助けをできたらと思っています。簡単、でも知識として抜けがちな部分を解説していくのでよければ友達と勉強する際に使ってみて下さい!

以上!

循環器に関連して復習しておきたい知識はこちら⇩

タイトルとURLをコピーしました