【第109回看護師国家試験】試験予想ボーダーライン!統計から理論的に考察します

勉強・参考書

国試のボーダーとは

国試について再確認していきます。

必修:50点満点

一般状況設定:250点満点

この点数はあくまで元となる点数です。国試終了後、厚労省によって不適切問題が何問出現するかにより満点の数値は変更されます。

参考までに、108回のボーダーを見てみましょう。

108回ボーダー:155点

不適切問題:3問

合格率:89.3%

過去10年分のボーダーについて

結論から言うと、過去10年のボーダー平均は156点でした。

不適切問題の平均個数は3.5個ありました。ただし、107回の不適切問題の数が多いので、今年そこまで多くないと予想されます。

各サイトの平均点とボーダーについて

トウアカの平均点数は去年よりも低下していました。

昨年のトウアカ自己採点における一般状況設定問題の平均点は186点でした。

今年のトウアカ自己採点における一般状況設定問題の平均点は183.2点でした。

そこから推測すると、昨年のボーダーは155点。今年のボーダーは3点ひいた152点となりますが、そこまで下がるの?と個人的に考えています。

また、昨年は必修問題にて不適切問題があったことで、必修40点、一般が点数が低いという人も計算の母数に含まれていたと思います。

今年はよほど必修問題で不適切問題が出ることはないのではないか…と予想されるため、ボーダーは変わらない位なのではと予想されます。

1点で泣くことも十分にあるため、参考程度に収めておいてほしいですが…

今年の予想ボーダーはズバリ…

Ryoが予想する今年の看護師国家試験ボーダーはやや上がって152~155点くらいではと考えています。

毎年、難しい、過去最高難易度という言葉は出回っている状況が続いているため、あくまで国試の難易度を解いてみて考えると、さほど変わらに感じがしました。ただし、1つ気になったのは、問題の解い方が例年と比べてやや変更されたのかな?というくらいでした。

基本的に看護師国家試験は90%̟̠+-2%に収まるようにボーダーは設定されています。

最近では看護師資格を所持している人数の飽和という話もありますし、働き方改革で結局どうなるの?という混乱もあるかと思います。

ただ、国が大幅に看護師資格を有する者の数を減らすと明言していない以上、今年もボーダーは90%付近になると考えられます。

あくまでRyoの予想となりますので、参考程度にお願いします。

他サイトにも過去何年分、ボーダー予想、等ありますが、あくまで予測でしかありません。国がしっかりと決めていない今、統計を用いる予測しかできません。

ただし、不適切問題の点数計算は幾つかに分類されていますので、自分ではどうしようもできない所でもあります。

今から3月の結果発表まで、泣いて過ごすか、不安で過ごすのか

どのように過ごそうと大切な1ヶ月の時間となります。相談できる人に話してみて、気持ちの整理がついたら再び前を向けるようになるよう応援しています。

タイトルとURLをコピーしました