JCS・GCSとは【意識レベル・痛み刺激の覚え方】看護で使う意識評価とは

看護基礎知識

この記事を読むメリット

・JCS・GCSの表で勉強できる

・JCSとGCSの明確な違いを知れる

意識レベルの評価

孫

おじいちゃんおはよう~

祖父
祖父

ん、ん~

孫

まだ寝てるのか。それにしても今日はよく寝るな~

祖父
祖父

(助けてくれ…意識が朦朧としてきた…)

実際、目の前で家族が睡眠をとっているのか、緊急性の高い意識レベルの低下なのか一般の人ではなにで判断すればいいかわかりませんよね…。

ですが、「あの時もっと早く自分が気づいて救急車を呼んでいれば…。」という後悔する前に、しっかりと意識の評価方法について一緒に勉強していきましょう!

意識を評価する方法として、代表的なのが「JCS(ジャパン・コーマ・スケール)」と「GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)」です。

臨床でも普段から使われているので、早速内容を見ていきましょう。

JCS(ジャパン・コーマ・スケール)とは

一番有名な意識の評価といえば「JCS(ジャパン・コーマ・スケール)」です。

まずはこちらの表を見てください!

こちらがJCSになります。といっても「これ全部丸暗記!?」という方がいるかも知れせんが、いずれ全て暗記していただきたいところです。今からは効率のいい暗記方法を解説していきます。

まず初めに気づいていただきたいところは、大きく分けて「3つ」に分類されていることです。

レベルⅠ~Ⅲに分類されていますよね。暗記する際はまず「3つ」に分かれていることを覚えましょう。ただし、その前に実は覚えるべきポイントがあります。

レベルⅠとⅡは「何らかの形で干渉すると起きる

レベルⅢのみ「起きない(意識がない)」

と分類できます!これが非常に大切で、3つに分類するよりも正直覚えてほしいところです。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

・Ⅰー(1~3)

個人的に言えば、ここはあまり大切ではありません。というのも、国試で細かく分類しにくいものは出題されにくいからです。もし臨床で困ったときはレベルの高い方(悪い方)で伝え、先輩看護師の助力を得ることをおススメします。

Ⅰ-1は「ザ・上の空」の人と覚えるとわかりやすいでしょう。ただそれだけです。

Ⅰ-2と3の違いは「自分に対する認識かどうか」で決まるといっても過言ではないでしょう。

自分の誕生日や性別、家族構成など覚えるぞ!と意気込んで覚えるようなものではないものがこれに当てはまります。Ⅰ-2では、はさみ、買い物など「物忘れかも?」というレベルで覚えていきましょう。流石に自分の名前をド忘れした!なんて人はいませんよね。

・Ⅱ-(10~30)

レベルⅡの覚え方は、「寝てる人を起こす3段階の方法」と覚えていきましょう。

Ⅱ-10は「普通に起きてくれる人

Ⅱ-20は「世話がかかるけどまぁ、起きてくれる人

Ⅱ-30は「全力で起こしにかからないとすぐに寝ようとする人

というイメージを持ちましょう。このイメージが意外と大切で、Ⅱ-30なんて、何をしてでもいいから起こすんです。水ぶっかけたり、往復ビンタしたり、腕をつねったり…などなど、とにかく目を開けてくれればⅡのレベルに収まります。

自宅にいながらピルを処方!最短24時間以内にお手元に。

・Ⅲ-(100~300)

レベルⅢは、先ほど勉強したように「絶対開眼しない」ものが当てはまります。さぁ、レベルⅡのようにわかりやすく分類してみましょう。

Ⅲ-100は「刺激したら結構動く人

Ⅲ-200は「刺激したら(動いた…よね)くらいの人

Ⅲ-300は「ぜんっぜん反応ない!

このようになります。ここまでおおよその暗記ができたら、意識の評価については問題を数多く解くことで感覚を身に着けていきましょう!

GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)とは

GCSはJCSとは異なる視点から意識の評価をしていきます。JCSを覚えたとしても、GCSも非常に大切となるので根気強く勉強していきましょう!

まずは下の表を見てください。

JCSとは異なるところが多いですよね。ではJCSとGCSの違いについてまずはまとめていきましょう。

マナハニーブラ ~神長アイリーンプロデュースのナイトブラ~

このような表になりました。

E:開眼については、JCSを勉強した今ならなんとなく分類の暗記方法がわかるでしょう。目は4段階に分類されます。4点がいい、1点が悪いと覚えておけば、JCSの応用で分類できますね!

V:言語機能は4~2点の判断が難しいと思います。気を付けてほしいところは、発語、音声、会話という言葉の違いについてです。

4点の会話は、「会話がとりあえず続く。うまくできているかはさておき、キャッチボールができている状態

3点の発語は、「なんとなく話したい言葉は分かるけど、うまく言えないのだろう

2点は、「喃語(なんご:赤ちゃんが言葉を話す練習の音)のような、あぁ~、ん~、う~といった音しかでない状態

このように覚えていきましょう。

M:運動機能は全部で6つに分類できます。暗記方法としては、6点と1点を基準として暗記する。その後に5点→4点→3点→と覚えてくのがおススメです。

運動機能で特に注意することが、伸展運動と屈曲運動です。

3点の屈曲運動とは、正確には「異常屈曲」のことを指しています。と言われても、「異常屈曲ってなんだよ!」となりますよね。

異常屈曲とは、外部からの刺激により、筋肉に力が入り、縮こまる状態の事です。分かりやすいのは、脇をくすぐられた時に「ぎゅっと脇を守ろうと閉じる」行動が異常屈曲とイメージしましょう。腕の関節という間接全てが屈曲し、小さく丸まろうという形になることです。

GCSでは、刺激を与える(脇をくすぐる)ことで、筋肉が収縮する(脇めがけて関節が曲がり小さくなろうとする)と3点になります。

3点を学習すれば、2点の伸展は分かりやすくなりました。屈曲の逆なので、イメージとしては「くすぐられたら万歳している状態」になることです。これでGCS全てを勉強することができました。こちらもJCS同様、問題を解くことで身に着けていきましょう。

JCS・GCSを覚えたら解いてみよう

第100回

呼びかけに反応しない意識障害の患者に、痛み刺激を加えたところ、かろうじて開眼した。ジャパン・コーマ・スケール<JCS>による評価はどれか。

1.Ⅱ-20

2.Ⅱ-30

3.Ⅲ-100

4.Ⅲ-200

まとめ

勉強しやすいように優しい言葉を使っていますが、緊急時の判断では、時間との勝負となることもあります。患者さんの様子をみて、ひとつずつ実践していこうなどという考えは止めましょう。分からなければすぐに先輩を呼ぶのも大切な新人看護師や実習生の役割です。慌てたり、何をすればいいか分からない時のために、困ったら「恥ずかしい、出来ないと思われる」よりも「患者さんの命」を優先してくださいね。

意識レベルに関連して、脳の基礎知識を勉強しておきましょう⇩

解答

第100回…2

以上!

タイトルとURLをコピーしました