【100均】手作りマスクを画像付きで簡単解説します!今あるもので対策しましょう!

看護基礎知識

コロナウイルスとマスク

コロナウイルスによりマスクが手に入らなく、底をついてしまったので何か方法がないか探していたらすぐに手作りマスクを発見!

けれど材料を買いに行くともう無かった…なんてことはありませんか?

今日!100均ダイソーでマスクの材料を買ってきて、まだ在庫が十分に合った物で厳選して作りました!不器用な僕でもすぐに作れたので、隙間時間に作ってみませんか?

準備するもの

準備する物品はこちら⇩

・ペーパーナプキン

・水切りフィルター

・両面テープ

・ゴム

・サージカルテープ

・飾り用のタイ

(ペーパータオルはいりません!)

まずはこちらを準備します。1つずつ詳しく見ていきましょう!

サイズの確認をしてくださいね!

・サージカルテープは10~12㎜がいいと思います。

・マスク用のゴムがなかったので、手芸の場所に合ったソフトゴムを代用します。横幅が10㎜を購入しましたが、5㎜がいいと思います。

・飾りで使われるタイ(針金のようなもの)

・両面テープは協力タイプをおススメします。横幅は15㎜でいいと思います。

ペーパーナプキンは15~20枚をおススメします。50枚入りなどありますが、枚数が多いと薄くなるかもしれないので、20枚程度をおススメします。ちなみに30枚で制作した時は破れてしまいました。不器用なだけかもしれません(-_-;)

・水切りフィルターは細かいめの物をおススメします。なぜ細かいほうが良いのかは前回の記事を参考にしてください⇩

マスクの作り方

それでは物品を準備出来たら作っていきましょう!

①ペーパーナプキンを一枚準備して、裏返しにします

②水切りフィルターを1枚(2枚)をのせ、四方を1~2㎝残すように切りましょう。このペーパーナプキンは四角の線が入っていたので簡単にできますよ!

③折り曲げる部分(裏側)に両面テープを貼り、上下ともに山折りで2重にします。

④片方のみもう一度両面テープを貼り、同じ工程を繰り返します。片方だけですよ!そして3重になった側は鼻にあたる部分になります。以降、鼻にあたる側を上側といいます。

⑤飾り用のタイを中央にのせます。ペーパーナプキンとタイの間に両面テープを貼り、ナプキンとタイをくっつけます。その後折り込みます。

⑥裏返して、マスクのナミナミを作ります。画像を見てやってみましょう。

裏返す⇨つまむ⇨おりたたむ

注意点として、マスクのナミナミはつけた時に顎に向けて伸ばすように作りましょう。詳しく知りたい場合はこの記事をご覧ください⇩

⑦裏返して、左右に両面テープを貼り、折りたたみます。そして、再度折りたたんだ上に両面テープを貼ります。

⑧ゴムを5㎜に切り、準備します。長さのおススメは35㎝程度です。両面テープの面を折り込みます。そして、折り込んだ面を補強するためにサージカルテープを使います。

⑨完成!!!

注意点

・サージカルテープは肌に触れる場所になるので、かぶれにくいものを使用しましょう

・目安として、男性はマスクの横幅が15~16㎝、女性は14~15㎝を目安にしましょう

タイトルとURLをコピーしました