【必見】新卒看護師が病棟初日に気を付けること6選!

看護おすすめ

入職おめでとうございます

ホームページをご覧の皆さん、入職おめでとうございます。看護師国家試験の門をくぐり、ようやく社会人としてデビューできましたね!

この記事ではそんな入職ホヤホヤの新卒看護師が病棟初日に気を付けるべきことを体験談を交えて解説していきます!

それでは早速見ていきましょう!

新大学生・新専門生の方はこちら⇩

笑顔を忘れない

1つ目は「笑顔」です。

何を当たり前なことを…」と読んでいるときは思うでしょう。しかし、初めて会う人に自然な笑顔、それも年上ばかりで早歩きな看護師たちへ…

テキパキと働いている人に声をかけることがどれだけ難しいかは実習で体験していると思います。新人で入ってきた看護師たちなんて、実際は何の役にも立たない人です。そんな新人を一から育ててもらう立場にあるわけなので、今できることを全力でする姿勢は好感が持たれること間違いなしです。

たかが笑顔、されど笑顔

患者に向ける笑顔だけでなく、先輩上司に向ける笑顔も大事な新人看護師の役割です。ギスギスした雰囲気を作るのも、明るく質問しやすい雰囲気を作るのも新卒看護師の役割といっても過言ではないでしょう。

挨拶することを忘れない

一つ目の笑顔と合わせてコミュニケーションにおける原点だと思っています。二つ目は「挨拶」です。

笑顔を忘れない人は流れるように「看護師・医師・患者」には挨拶もできると思います。気を付けてほしいところは

・ロッカーで出会った人

・移動中にすれ違った人

・訪問者(外部の配達員や修理業者など)

・私服の医療従事者

・患者の家族

箇条書きにしましたが、特に気を付けてほしいのはロッカーで出会う人です。大体の病院では職種や年齢問わず同じ場所で着替えることが多いでしょう。そのロッカーの場所はいつまで使いますか?

病棟が移動したとき?キャリアアップしたとき?

少なくとも年単位でお世話になる場所です。隣が新卒の同期だから挨拶しやすい、と思っている方、ロッカーの入り口は決まった時間に大量の医療従事者が押し寄せてくる場所ですよ!

仕事に慣れてくるとつい遅めにロッカーに入りがちになりますが、それでもすれ違う人、着替え待ちの人には挨拶しましょう。会話ができるようになれば、他の病棟や他部署の情報もさらっと頭に入れることができるかもしれませんよ?

「挨拶と笑顔」は新卒看護師にもすぐにできる仕事です!

挨拶と笑顔を受け取って不快に思う人はさすがにいないでしょう。

Ryo
Ryo

あまりに忙しなく働いていて声をかけにくい場合はほかの看護師でもいいので必ず情報の共有をしておきましょう。

ちなみに…後ろから話しかけるよりも横からの方が気にかけてもらえましたよ!

報告・連絡・相談する

これも定番ですが、「ほうれんそう」は必ずしましょう。

先輩看護師が新卒看護師に求めているものは何だと思いますか?

看護技術?アセスメント能力?

いいえ、適切な情報を渡してもらうことです。看護学生から看護師という肩書は変わりましたが、経験がないことを進んでさせることはインシデントにつながります。危険wな橋を渡らせるのではなく、危険だよっと信号を出してくれる役割を期待しています。

はじめはペアで行動することが多いと思います。ただシャドーしているだけではなく、「なぜこの患者とほかの患者のナースコールで、こちらを優先したのか?」といったように優先順位のつけ方を勉強するといいでしょう。

優先順位を知るためには、「〇〇がわかりませんでした。」という報告、「患者からナースコール受けました」という連絡、「こういったときにどのような対応をすればいいですか?」という相談の流れを覚えることです。

優先順位をつけるのは先輩の仕事、ただし優先順位を確定させるための判断材料を集めるのは新人でもできます。

いきなり全体を見ろとは求められません。全体を見るために必要なものを見つけてほしいのです。そして今新卒看護師がどこまで理解して仕事を覚えているのか把握してもらうことが成長につながりますよ!

Ryo
Ryo

新卒看護師には大抵プリセプターと呼ばれるなんでも相談役の先輩が付きます。

日常生活で困ったことから、仕事の人間関係などを相談するのに迷ったらまずプリセプターを頼ってみてはいかがでしょうか?

メモをとる

報告連絡相談をしても、翌日に同じことを繰り返していてはさすがに叱られますよね。はじめの半年間ほどはメモ帳が命綱となります。

人間の記憶なんて曖昧なものです。だからヒューマンエラーは一生消えないのです。

家に帰ってから記憶をたどって復習しようとしても限界があります。こまめに言われたことをメモしておくことで、自宅での復習で抜け目を減らすことができるでしょう。

また、先輩看護師からの印象も悪くなりません。「私の言ったことを覚えようとしている」という姿勢がみられるのとみられないのでは対応に差が出てもおかしくありません。

<br>Ryo

Ryo

僕はノートを3つに分けました。

1:走り書き用

2:手技用

3:薬など物品用

とりあえず1に記入しておいて、空いた時間に2と3に情報を分けてまとめていました。

まとめ

前回の記事に引き続き、今回は新卒看護師に焦点を絞って記事を書いてみました。僕が4月のころに読んでおきたい!知っておけば損することなかったのに…という内容にしてみました。

このサイトでは普段から新卒看護師や看護学生に向けた内容を中心に掲載しています。良ければブックマークをしていただけると幸いです。

以上!

タイトルとURLをコピーしました