看護師国家試験対策の勉強法とは?何から始めればいいのか?

勉強・参考書

 はじめまして

まずはこのブログを見つけていただいてありがとうございます。

ここでは看護学生、新人看護師、医療知識を簡単に理解したい方など幅広い層にむけて発信していく予定です。

「今更そんなこと聞けない…」 「みんな知ってるの!?」 「お手上げ。」といった方に向けて、伝わりやすいように様々な知識を提供していけたらと思います。

知りたい情報はあるけれど、どこのサイトを見ても分かりにくい。文面だけでは頭に入ってこない。そんな方に向けて、動画をセットで提供したり、質問に対する回答も作っていけたらと考えています。

簡単な自己紹介はこちら⇩

Ryoとは?(ブログを書いている人)

・看護大学四年間次席(2位)取得経験あり

・効率のいい勉強方法を教えたがり

・勉強会サークルを立ち上げ、代表を務めた

・2019年(108回)看護師国家試験受験し資格取得

・とにかく勉強の効率が悪い後輩を育てたい思いが強い

看護師国家試験まで後〇〇日!

受験生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。去年の今頃と比べると時間が足りない…そう思っている人は大丈夫でしょう。

1つ注意するならば…

「なんとかなるでしょ(笑)」

こういう発言を本気で言い放つ人たちです!周りに居ませんか?ついつい流されていませんか?

人間だれしもが計画的に点数を伸ばせるわけではありません。前回の模試よりもなぜか大幅に点数が下がってきた人もいて、下位10%に突入間近の方もいるでしょう。

・勉強に避ける時間は後何時間ありますか

・本当に勉強に集中できると思いますか

・周りの点数の伸び方に危機感を抱けてますか

ここまで受験生のことを気になってしまうには理由があります。

合格点数をとれる時期もある

そうなんです!

去年度に受験し、今では看護師資格を有してはいますが、実はギリギリの戦いをしていました。では、なぜギリギリの点数になったのか。軽く触れていきたいと思います。

ここだけの話、大学4年生の8月に受けた模試では200点近くありました。周りが卒業論文などに力を入れている中、こっそりと夏休み前に勉強していたのです。

周りからの反応は上々、先生方も「この子は心配ないね。」と太鼓判を押してもらえるくらいでした。ではなぜ当日にギリギリだったのか。

それは、「油断」です。

夏ごろに点数が伸びていた人の中で一定数いる枠組みにはいっていたのです。周りが必死に勉強しているときに、「8月で200点あるなら受かるに決まっている。」と天狗になっていました。

勉強の油断と対策

こんな天狗がどうなるかもうお分かりでしょう。

周りが点数を伸ばす中、少し、また少しと点数は落ちていきました。迎えた12月の最終模試。模試を製作する側も的を絞り、より本番に近い内容となっているにもかかわらず、当時の点数はなんと152点。

受かって当然から、昨年のボーダーを下回るようになりました。

ではどうしたのか。もう勉強するしかないですよね。

ですが、一から知識を入れなおすなんて時間はありません。そこで、ある勉強法を行い、なんとか合格することができました。

冬から始めたある勉強法とは、

「曖昧に正解した問題の解説を他人に行う」

これです。

勉強方法は無限にありますので、肌に合わない方は無理しないことも大切です。参考までに一読ください。

 勉強法には必ずインプットアウトプットが重要になります。インプットは講義を聞く、メモを取る、音読等々身近にあります。では国家試験本番にインプットする力が問われるでしょうか。

実は問われていません。

問われているのは持っている知識をどれだけアウトプットできるか、なのです。

確かに国家試験対策には効率のいいインプット方法は大切です。ですが、国家試験間近になればインプットすることがかえって足元をすくいかねません。直前に見たものは憶えているけど、今まで覚えてきたものが大半吹っ飛んだ。中高の小テストなどでよく経験しませんでしたか?危ない橋は渡らないに限ります。

そういわれてもアウトプットって具体的になにすればいいの

その通り。友達にいくら聞いたところでアウトプットの経験値はそこまで変わりません。ではアウトプットの天才は誰でしょうか。

教える側の真似をする

講師、先生、教授。このような立場の人はアウトプットばかりしている天才です。90分、100分の講義の中で、豆知識、何気ない一言を付け加えられるのはインプットとアウトプットがともに備わっているからです。

いつも真面目に講義を聞いていましたか?では講義でどうやって自分が間違えた問題の場所を説明していましたか。

…説明できませんよね。けど大半の人は、「〇〇って言ってたよ。」と聞くと「そうそう、それ!」ってなるんです。知識はあるのに説明ができない、意外と気づきにくい部分です。

ここまでわかればあとの勉強方法は簡単です。

友達に説明しましょう。そして友達の説明を聞いてあげましょう。更に言えば、友達の説明に付け加えることができたら言うことなしです。

模試の解きなおしをする前に解説を読みましたか?ではその内容を友達に説明してください。意外とそのまま読もうとしても難しいですよ。なにで躓いたのか、その答えは自分で説明できない部分の知識が不足しているからなのです。

このサイトを閉じたらまずは1問間違えた問題を見つけましょう。そして解説を読んで理解した気になってください。

その後、壁でもペットでもいいので説明してみましょう。意外と言葉に詰まるはずです。どこがわからなかったのか、何が不安だったのかを再度勉強してまた説明する…これを繰り返しましょう。

最後に

 個人的におすすめな勉強方法を紹介しました。このサイトでは、問題の解説や基礎知識の復習などを投稿していく予定です。ぜひ、このサイトで学んだことを友達に説明してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました