看護師をやめたい1年目(新人)看護師に向けて 体験談あり

看護おすすめ

仕事で忙しい中、当ブログを見つけてくださりありがとうございます。

看護師1年目、いろいろあります。

先輩・同期・仕事・性格などなど…辞める辞めないの前に、

一度気持ちの整理をしながらこの記事を読んでみてください

僕の体験談を踏まえながら話していきます。

Ryo(作者)とは?

108回看護師国家試験にストレート合格後、急性期病院の小児科へ就職

11月ごろにうつ病を発症し、休職する→2020年4月に退職し現在ブロガー&仕事探しの日々

看護師1年目、ツライ

はじめに

この記事を読んでいる方々は同じ気持ちで読んでいると思います。

気になることといえば

・仕事を辞めたいけど辞めれない

・現状をどうにかしたい

・同期と比べて自分だけ進みが遅い、できることが少ない、間違えが多い

・病棟の人間関係が複雑でツライ

・1年目で辞めるなんて甘えだと思っている

・辞めた後のことを考えると辞めれない

・決心がつかない

このあたりかと思います。伝えたいことが多いので、何個かの記事に分けて一緒に気持ちの整理をつけていきましょう。

Ryo
Ryo

1年目がつらくて逃げたい

隠れているだけで同期の中には、職場に行きたくない、毎日泣いている人が潜んでいます。断言します、「絶対にいます」から安心してください。一人ではありません。

なぜ一年目がつらいのか?

・覚えることが多いから?

・慣れていないから?

当然細かな要因はたくさんありますが、大きく分けて「自分」と「環境」に分けることができます。

「自分」要因の具体例

・仕事を覚えるのが遅い

・感情の変動が激しい

・バイトをしたことがない(責任ある仕事をしたことがない)

・課題量についていけない

・寝てしまう

・やる気が起きない

・同期の仕事量を見てしまう

「環境」要因の具体例

・上司が苦手

・教え方が下手、もしくは教えない

・科とは別の患者が入ってくる

・初日から過酷すぎる仕事量を与えられる

・残業代がつかない

・頑張りが認められない

・相談相手がいない

このようなところでしょうか。ほかにも数多くあると思いますが、あなたは今「何が」つらいですか?

大雑把でいいです、誰もエビデンスを求めません。自分本位で、自問自答しましょう。

当時のRyo
当時のRyo

自分要因は焦って忘れること

環境要因は多すぎて無理

当時の思考はこのような感じでした。これくらい大雑把で大丈夫ですよ。

ここまでよく頑張りました。「1人で」自分の要因に気づくことができました。先輩看護師からの小言に付き合い、永遠と機械のように動く新人看護師が一人で自分のツライ要因を導き出せました。

じつはこれ、かなり難しいことをしています。

キツイときは視野が狭くなるのが人間という生き物です。ここから視野を広げていけるかどうかで将来は大きく変わりますよ!

看護師の求人、募集は【看護のお仕事】

看護師紹介25年、10万人が利用する転職サイト

医療WORKER★看護師さんの支持率四年連続No.1!


看護師1年目、他人と比較する

環境要因は正直自分ではどうしようもありません。変わるなら自分要因です。

ここでピックアップしたいのが「他人(同期・先輩)と比較する人」についてです。

人間は不思議なもので、何かにつけて無意識に順位をつけがちです。しかも1位、2位、最下位と出るわけではなく、「〇〇のほうができているなぁ…」「〇〇はこの時期にできていたのに…」と他人1人と自分を比べます。

そして疲れているときは自分を下の順位に持っていく分野でしか他人を見ることができません!

例えば…

・私のほうがあの人よりセンスがいい

これは元気な時の「私」です。では疲れていると…?⇩

・私のほうがセンスがいいかもしれないけど…だけどあの人はお金持ってるし、結婚しているし、仕事できるし、みんなに好かれているし…

と1個で比べていたはずがドンドン自分が負ける分野ばかり思い浮かぶようになってきます。こうなるともう負の連鎖です、悪循環です、無限ループです。

今気づけました、だからそれ以上無駄なことは考えないようにしましょう。せめて比べるものは1個に絞る、そしてそれ以外で勝てる場所ならいくつ探しても構いません。

他人と比較することで伸びる人もいるでしょう。

なにくそ!見返してやる!やってやる!

こういった感情、抵抗力を維持できる人はそう多くいません。同期と愚痴を話すときは抵抗力が湧いてくるのに、家に帰ると抵抗力ゼロになりますよね、不思議なものですが、事実です。

他人と比較して落ちる人がほとんどだと思います。実は僕も比べて一人で沈んでいった人間の一人です。

当時のRyo
当時のRyo

・同期の中で一番受け持ちの人数が少ない

・同期の中で一番自立している業務が少ない

・病棟の中で一番怒られている

・病棟の中で一番知識が足りていない

自分の中の評価はこんな感じでした。ほぼ事実だったと思います。

皆さんは何を比べていますか?それ以外はどうですか?

もしマイナスな側面しか見いだせないなら、僕が一つすごい優れている面を教えます。

それは

「毎日仕事場に行っていること」

これに限ります。僕は無断欠勤あり、熱などによる有給取得日数病院最多(半年でおよそ10日、つまり1か月に2回ペースで追加で休んでいました)、途中欠勤数回などなど…

どうですか、考えられますか?

学生ではあるまいし、社会人が仕事を休むなんて。ましてや連絡も入れず。

ですが、退職する人の中にはある日突然来なくなる人もいるそうです。いきなり飛ぶ(行方不明)なんてことも…

それに比べたら毎日いやいやでも、ギリギリでも、怒られながらでも職場に行けている貴女は素晴らしいです。

日々の積み重ねとは、何も業務のみではありません。

決められた日に、決められた時間に、必要な業務を帰らずに行う

1年目はこれを繰り返すことで十分頑張っていると評価できます。誰が認めなくても、僕は認めます。仕事の合間に、休みの日に、課題や休息をとりたいのにこのブログを読んでくださる皆さんに感謝!

医療ワーカー

看護師1年目、責任について

話は少し変わり、業務についてです。

こんな経験はありませんか?

先輩・面接官
先輩・面接官

看護師を目指したきっかけは何ですか?

あなたの看護観を教えてください。

新人看護師
新人看護師

〇〇です。(無難な回答)

(きっかけなんてないよ…求められすぎてる気がする。看護観?なにそれ、そんな素晴らしい思考を持っている人なんて一握りでしょ(#^ω^))

正直に言います。

看護観?なにそれおいしいの?状態で大学に入学していますし、なんなら他の科も受験していますー!

目指したきっかけなんて安定した収入だし、国家試験を持っていれば困らないかな?と思ったからですー!!!

共感する人がほとんどではないでしょうか?

ですが職場では先輩から

「何のために看護師になったの?」

「あなたのやる気はそんなものなの?」

「意志が弱い!」

と小言を言われませんか?そこまでしっかりとした意思を持っている新人看護師なんていません。

持っていたとしても「がんばるぞー、辞めないぞー、とりあえず3年はがんばろー、奨学金返済まではやめられないなー」ではないですか?いいんです、それが普通です。

ただし先輩看護師もわかって話していると思います。この言葉には裏があります。

「看護は命を預かり、業務は患者に提供するもの、その責任は看護師という資格を持っている人が持つのは当然」

という前提があるからです。

業務で失敗する=患者に害が及ぶリスクがある

だから先輩たちは洗脳するかのように、間違いを指摘します。もちろん、過去に看護師の間違いによって引き起こされた死亡の事例もあります。

ここに大きな責任という重荷が発生しています。

誰のためですか?自分のため?いいえ、患者のためです。

前述したとおり、意識高い系の看護師ではない人たちではそれが重荷に感じてしまいます。それが意識の差になります。

だからといって無理に意識改革しろ!なんて言いません。ものは考えようです。

「自分のせいで患者が死んだら、障害が残ったら、気づけなかったら、莫大な慰謝料と、看護師資格の剥奪になりかねない!とりあえず最低限のスキルは身に着けておこう。

認定や専門看護師、師長、部長こそ意識の高い誰かがなるはず。看護師一人でできることをとりあえず身に着けて、そつなくこなして給料もらえるようにがんばろう。」

この意識を持っていることで「格段」に先輩からの小言が少し軽くなること間違いなしです。この思考にたどり着くには、努力も必要なければ、むしろ怠ける方向へ進むので苦ではありませんよね。

少しは楽になる、と書いたようにすべての要因を取り除くことはできません。悲しいことにそれが現実で社会というものの在り方です。うまくかわす術を身に着けることで、自分の要因によるストレスは減らすことができます。

医療ワーカー

看護師1年目、どうすればいい

ここまで「自分」要因による改善策を提供してきました。ですが、「やっぱり退職したい・離職したい、辞めたい思いが止まらない」方、もしかしたら「環境」要因が大部分を占めているのかもしれません。

・もし転職先が決まったら辞めてやる!

・仕事しながら再就職先を探してやる!

・就職先の手当や給料低いのかな?他と比べたい

こんな思いが少しでもある方は、転職サイトに登録して比べてみてはいかがでしょうか?

退職・転職のきっかけになるような病院が見つかるかもしれません。少しずつ違う将来に向けて動き始めませんか?

次の記事では、離職率や一年目で辞めることによるメリット・デメリットなど、深堀した記事を製作する予定です。良ければこちらをお待ちください。

タイトルとURLをコピーしました