ガン(癌)の危険因子とは?実は身近に潜んでいるかもしれない?

国試一般知識

死因第1位はガン(癌)

言わずも知れたガンという疾患。よく聞く発がん性物質や放射線という言葉。

Ryo
Ryo

放射線や発がん性物質なんて物騒なものは身近にないし、他人事だと思っている。

口には出さないけれど、意外と皆さんこう考えているのではないでしょうか…?

その他にも…

・禁煙者だから肺がんにはならない。そういう場所は避けているから。

・お酒の飲みすぎにも注意しているし、自分より飲んでいる人が健康だから自分は大丈夫。

・放射線なんてどこにあるの?(笑)

こういったイメージをもたれがちです。ではなぜ日本の死因1位がずっとガンなのでしょうか…それは遺伝であったり、気づかないうちに蓄積されていたり、体内で命令系統にミスがあったのかもしれません。そんなガンについて今日は各がんの種類と、それに対する危険因子をみていきましょう。

以前に書いた「ガンで使うTNM分類とは」についても一緒に勉強したい方、見直したい方はこちらからどうぞ⇩

まずは種類を知ろう

まずはガンと一言で言い表している中に、どのような種類があるのか箇条書きにしたので見てみましょう⇩

・喉頭がん

・食道がん

・胃がん

・大腸がん

・肝がん

・膵がん

・肺がん

・乳がん

・子宮頸がん

・子宮体がん

・膀胱がん

・皮膚がん

・白血病

・甲状腺がん

主な種類はこのようになります。基本的には

「臓器の名称」+「がん」

となっていますが、2つ注意してほしい名称があります。それが「白血病」と「皮膚がん」です。

意外と皮膚がんは見落としやすく、白血病に至っては「今ガンの種類って知った!」という方もいるかもしれません。いまから少しずつ勉強していくので、今知れた方はラッキーですよ!

軽く触れておくと、白血病とは臓器ではなく「血液」のガンだと考えてください。正確には「血液を司る細胞(赤血球や白血球など)が作られる過程でガン細胞へと変化する病気となります。これが骨髄内を占拠するため、正常な血球たちが作られなくなる病気で、ガンの一種です。これだけ覚えておきましょう。

種類と危険因子をみてみよう

それでは、種類が知れたところで、それぞれの危険因子を見ていきましょう。それぞれの勉強スタイルに合わせせ、初めは画像、後半は箇条書きとしますね!同じ内容なので、自分が覚えやすい方で勉強しましょう。

まずはまとめた画像から⇩

次に箇条書きはこちら⇩

・喉頭がん⇨喫煙、飲酒

・食道がん⇨喫煙、飲酒、肥満、熱い飲食、胃食道逆流症、バレット食道

・胃がん⇨塩辛い食品、喫煙、ヘリコバクターピロリ感染

・大腸がん⇨喫煙、飲酒、肉食、肥満、遺伝

・肝がん⇨喫煙、飲酒、B・C型肝炎ウイルスの持続感染、肝硬変、カビ毒、肥満、糖尿病、運動不足

・膵がん⇨喫煙、肥満

・肺がん⇨喫煙、飲料水中のヒ素、石綿(アスベスト)、大気汚染

・乳がん⇨飲酒、低年齢初経、高年齢初産、高年齢閉経、小妊少産、無授乳、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補充療法、高身長、閉経後の肥満、遺伝

・子宮頸がん⇨喫煙、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染

・子宮体がん⇨高年齢閉経、未経産、肥満、エストロゲン補充療法

・膀胱がん⇨喫煙、芳香族アミン類への曝露

・皮膚がん⇨紫外線、放射線、コールタール

・白血病⇨遺伝子異常、放射線、抗がん剤投与の既往、ベンゼン、トルエン、HTLV-1感染

・甲状腺がん⇨放射線、ヨウ素欠乏または過剰

抗がん剤とは

種類と危険因子は勉強できました。豆知識として知っておくと得することを説明します。薬品の種類や、厳密には違う…ということもありますが、なんで副作用が起こるのか?という点で勉強するには十分だと思います。

Ryo
Ryo

抗がん剤は「細胞が増殖している場所」に効果がでやすいと考えましょう。

体は常に新しい細胞に切り替わるところと、生まれてからほとんど変わらないところがあります。例えば心臓は成人になって、新しい細胞ばかり出来てきたら大変です。逆に皮膚はどうでしょうか。けがをするリスクがある場所は比較的再生しやすい=細胞が新しくできやすいと捉えるといいでしょう。

抗がん剤の主な副作用に悪心嘔吐、脱毛がありますが、注目してほしい副作用は骨髄抑制です。

骨髄は血液を流れる細胞たちを作る機関です。つまり早ければ1日ごとに新しい細胞がうまれていることになります。当然、がんもかなりの速度で成長していますが、骨髄も負けていません。抗がん剤は「細胞が増殖している場所」に向かって効果を発揮するため、抗がん剤を使うことは骨髄の機能を抑えていることにもなります。

これで流れが分かったと思います。もう少し深堀するなら、骨髄が司っているものは何ですか?少し聞き方を変えるなら「白血球」が司っているのはなんですか?

免疫」ですよね。つまり、間接的に免疫機能が下がっていることまで、線の知識になったら幸いです。

まとめ

今回はガンの危険因子について勉強してみました。飲酒や喫煙、肥満は生活習慣病の予防にもつながります。日常的な健康生活を営めるように何か一つから始めてみるのはいかがでしょうか。

以上!

タイトルとURLをコピーしました